スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎と育毛剤の関連性

脂漏性皮膚炎によって細く弱そうな毛・抜け毛に悩む人が育毛剤に助けをもとめるぐあいは理解できるところですが、結論からいって脂漏性皮膚炎を治してからでなければ、育毛剤は使わ無いほうがよいでしょう。

と言うのは、健康では無いぐあいの頭皮に育毛剤を使っても、育毛剤のアルコール成分が頭皮を逆に荒らしてしまいます。

プラスして、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)で有ると言う事は頭皮に炎症が起こっているぐあい。

頭皮に炎症が起こっていると言う事は、その患部に血が集まって痒くなりがちなぐあいに有ると言う事。

そのかゆみのためにも、血液を患部に集中し無いようにするステロイド剤=つまり炎症を抑えてかゆみを抑えるためのステロイド剤が処方されています患者さんが多いわけ。

育毛剤には、成分を効果的に頭皮に吸入させていくためにも血管拡張作用が有る成分が配合されています場合が大概。

血液が患部に集中し無いようにはたらくステロイド剤と、血管拡張をする育毛剤とでは、はたらきが相反しているわけですから、お互いのはたらきを相殺しあってどちらの効果も出無い可能性が有ります。

ステロイド剤の長期活用は免疫力下落などの心配も有るそうですが、医師があえてステロイド剤を処方するのは、脂漏性皮膚炎を長引かせずにできるだけ早い完治をめざすと言う治療のかんがえ方、完治が最優先と言うかんがえ方の筈。

その意味からも、まずは脂漏性皮膚炎を治して頭皮を健康にしてから、育毛剤で発毛や育毛を目ざすと言う姿勢がじつは近道。

スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 育毛剤

食生活による脂漏性皮膚炎への影響

脂漏性皮膚炎の原因を探ると、マラセチア真菌と言うカビの真菌の一種が皮膚で生存していく上で分解してつくり出す物質が皮膚を刺激して湿疹をひきおこすと言う説が有力視されています。

その人の皮脂の余分分泌が、好脂性のマラセチア真菌の増殖をゆるして脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)へ進んでいくわけ。

脂漏性皮膚炎の患者数は近年ますます増加している。

皮脂の分泌が多くなってしまった原因は、ストレスや睡眠不測、過労などがあげられますが食事が脂っこいものに偏っていると言う事も大きく影響しているの。

日本人の食の欧米化、と言うと言い古されました感じがしますが、具体的な変化を追ってみました。

日本食が世界から注目されていますのは、和食がおいしいからと言う事も有るでしょうが、栄養のバランスがきれいにとれている食事だからといえます。

「PFCエネルギー比」といって、P=タンパク質・F=脂肪・C=炭水化物でバランスをみるため、1975年と1997年のPFCエネルギー比を見てみると、1975年のP:F:Cは実にきれいなバランスが取れているのに対して、22年経った1997年のP:F:Cがみごとにそのバランスを崩している。

つまり、日本人の食事コンテンツが数十年の間に激変して、肉類と油脂類取り込の増加、米食の習慣が変化している事がわかります。

プラスして、エネルギー取り込量、糖分取り込量も伴に増え、だけど野菜は不足気味。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)になる原因の皮脂の余分分泌には、このような食生活もその要因といえるでしょう。

脂漏性皮膚炎の原因は多岐に渡って非いつも多いのですが、その中に「食生活の乱れ」があり、とくに「ビタミンB2・B6不足」もあげられます。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とフケの関連性

脂漏性皮膚炎に気づくきっかけがフケだったと言うケースが非いつも多い。

フケには、乾性フケと脂性フケの二種類のフケが有ります。

さらさらと落ちてくるフケであれば乾性フケで有る可能性が高く、シャンプー剤を変えたり、正しいシャンプーの仕方を実践していけば改善されるはず。

問題は、頭皮や髪の毛などにくっついている脂性のフケ。

この時点で皮膚科の受診をする事をお勧めします。

脂漏性皮膚炎かもしれないですね。

脂漏性皮膚炎のフケなのかそうで無いのか確認して、次はそのフケに対処するためのシャンプーについてかんがえます。

抗真菌シャンプーなども有りますので、受診の際に医師に相談するなどしてみましょう。

前頭部や頭頂の部分はとくに皮脂の分泌が多いので重点的に洗います。

頭皮の余分な皮脂やその他のよごれを流し去るのが目的ですが、頭皮を爪で傷つけるとプラスしていざこざが増えますの注意してくださいませ

其れからなによってすすぎの時間をじゅうぶんにとる事がだいじ。

脂漏性皮膚炎のフケならば、食生活のみなおしや生活スタイルの改善も必要となってきます。

フケくらいだから少し我慢してとか、もうすこし様子をみて、などして時期を遅らすのはいけません。

脂漏性皮膚炎の場合は脱毛に進む事が有りますので、早めに受診すべき。

フケが多い以外に、小鼻など鼻周辺が赤くかさかさしていたり、耳の中や後ろが赤かったり、髪の生え際の皮膚がかさかさ有るいは脂っぽいなど気になる、などの症状も有ります。

いずれにせよ、脂っぽいフケ症の人は皮膚科の受診をお勧めします。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 フケ

脂漏性皮膚炎とホルモンバランスの関連性

脂漏性皮膚炎の要因にホルモンのバランスの崩れが挙げられます。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)に限らず、何らかの身体の不調で受診した際に「ホルモンバランスの崩れですね。」と言われてなんとなく納得して帰ってきた、などと言う事は無いでしょうか。

ホルモンの分泌は身体の成長や感情のコントロールをしたり、個々部のはたらきがいつも正いつもおこなわれるように調整したり、また新陳代謝にも関わっています。

ホルモンバランスの崩れは、皮脂の分泌を促進させてしまいます。

ホルモンバランスを整えるための食品について調べてみるとか、どういったストレス発散法や解消のすべなどサプリに頼ら無いすべを先ずは実践すべきで、その上でサプリで補助していくと言うのが良いでしょう。

現代の食事事情から陥りがちな高脂肪・高蛋白の食事よりも、和食中心で野菜たっぷりな食事を心がけてホルモンバランスを整えましょう。

脂漏性皮膚炎の生活上の注意と同じですね。

ホルモンバランスの崩れは、自律神経失調症をひきおこしたり、新陳代謝の力がダウンするなどします。

そうなると身体の個々部に多様な不調が出てくる事に成ります。

其れからこの脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患も発症します。

腸のはたらきが悪くなって下痢や便秘、肌荒れ、前ぶれもなく太ったり、不眠、不妊症、其れから精神的な面にも影響して、イライラや不安感に苦しめられたりします。

つまりホルモンバランスを整えると言う事は、心身伴に一つの身体全体のぐあいを整えると言う事なの。

ストレスや不眠、マチマチな生活、偏った食事コンテンツなどがホルモンのバランスを崩していきます。

其れから其れはそのまま、脂漏性皮膚炎の要因と同じ。

テーマ : 健康・元気を究めてハッピーに!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 ホルモンバランス

脂漏性皮膚炎と紫外線の関連性

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)に罹る要因のなかに「紫外線」が有ります。

どのようにして紫外線が影響していくかについて説明します。

皮脂は、皮膚を守るバリアーとしての役目を担っていますが、二方向への防御と成ります。

一つは皮膚内に保たれている水分を外に出して皮膚を乾燥させ無いため、一つは外の刺激から皮膚を守るため。

外の刺激とは、紫外線や表皮上に住んでいる菌の増殖など。

この2つは、脂漏性皮膚炎の原因とされています。

皮脂は私たちの身体に必要なものなのですが、何らかの要因、有るいは複合した要因によって皮脂が余分に分泌されだすと皮脂の中のスクワレンを紫外線が酸化して過酸化脂肪ができて、健康な肌の細胞膜を傷つけるなどしていざこざを起こします。

脂漏性皮膚炎もまたそのいざこざの一つ。

紫外線が、皮脂分泌の多い部分の額や顔、頭部にあたって、皮膚表面の脂肪が酸化して過酸化脂肪ができると言うわけ。

皮脂が正常な量で分泌されていれば、紫外線から皮膚を守り、紫外線の影響で脂漏性皮膚炎をひきおこすまでには至りませんが、ストレスや睡眠不足・糖分の取り込・アルコールの取り込・食事もふくめてマチマチな生活などの多様な事が要因となって、皮脂の余分分泌がおこります。

皮脂の余分分泌は、皮脂が大好物のマラセチア真菌と言う皮膚上の常在菌を増殖させてしまいます。

マラセチア真菌が皮脂を分解して出した脂肪酸が皮膚を刺激して脂漏性皮膚炎となってしまうわけですが、やはり紫外線もプラスして、余分な皮脂を分解する事で皮膚を刺激してこの湿疹をひきおこすと言う事に成ります。

つまりは、皮脂の余分分泌が問題と言う事に成ります。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 紫外線

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。