スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎にはビオチンが効果的

脂漏性皮膚炎に罹っている人に必要なビタミンとしてビタミンB2やビタミンB6が有りますが「ビオチン」も有益なビタミンとして紹介されるように成ります。

ビオチンとは水溶性のビタミンの一種で、ビタミンHとも呼ばれます。

ビオチンは、牛・豚・鶏のレバー、いわし、たまねぎ、ピーナッツ、大豆などの食品に多くふくまれています。

アレルギー症状をひきおこすおおもとのヒスタミンの増加を抑えるはたらきが有るため、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの皮膚症状を起こしやすい人にサプリとして飲まれる事が多いビタミンでも有ります。

そのような事から脂漏性皮膚炎やその他の皮膚炎の「肌ビタミン」とも言われていますが、髪の毛の健康にも関わって白髪の改善にも良いとされています。

脂漏性皮膚炎にも良いとされていますビオチンですが、脱毛・フケ・白髪・湿疹などの症状や、プラスして疲労感・憂鬱感・脱力感などにおそわれやすいような人も、ビオチンの不足を疑ったほうがいいかもしれないですね。

ビオチンの欠乏症状としては他に、貧血・不眠なども有ります。

ビオチンの体内でのはたらきについて説明しますと、例えばアレルギー物質が人の身体に入り込んで皮膚に炎症を起こすのは、アレルゲンの侵入でヒスタミンと言う物質が放出されるからですが、ビオチンにはヒスタミンを排泄してしまう作用をもっているため、アトピー性皮膚炎にこのビオチンが改善策となるとかんがえられているわけ。

脂漏性皮膚炎にもビオチンが効くとされていますのは、ビオチン(ビタミンH)は炎症抑制の効果や、腸内環境を正いつもして体内から肌を健康なぐあいに戻す効果が有るから。

ビオチンは皮膚科で処方して貰える事も有ります。

スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 ビオチン

脂漏性皮膚炎にビタミンB2・B6は効果的

脂漏性皮膚炎の治療には、軟膏などの外用薬以外に内服薬があわせて処方される事がよく有ります。

これは、かゆみ止めや炎症抑制の内服の薬などですが、ビタミン補てんの内服薬も有ります。

主に、ビタミンB2・B6の補てんが目的。

脂漏性皮膚炎のおおもとの原因は皮脂の余分分泌が有りますが、皮脂は酸化して過酸化物質となり、其れが肌を刺激して湿疹と成ります。

この過酸化物質の分解促進をするのがこれらのビタミン。

ですので、普通より皮脂分泌の多い脂漏性皮膚炎の人の体内では、これらのビタミンがたっぷりと消費されています事に成ります。

ビタミンB2は体内合成も体内貯蔵も出来無いため、いつもの食事からせっせと摂っていく事がだいじ。

ビタミンB6もまた炎症抑制効果が有るため脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)に必要なビタミン。

B2とはちがい、体内合成が腸内細胞でできるので不足しにくいビタミンですが、B2と伴にはたらくと言う性質のため、B2が不足していてはB6もはたらけ無いと言う事に成ります。

ビタミンB2が多くふくまれる食品は、肉類の肝臓に多く、牛・豚・鶏の其れぞれのレバー、うなぎ、納豆、牛乳、ヨーグルトなど。

ビタミンB6もレバー類に多くふくまれる事、あとはナッツ類のピーナッツ・ピスタチオ・ひまわりの種などなども有ります。

ビタミンの効率的な摂り方は「あわせて摂る」事に有ります。

脂肪の代謝一つをとってみても、その作用には幾種類ものビタミンが関与している。

B2だけの商売では有りません。

ですから複数のビタミンとあわせて摂るのが望ましいの。

ビタミンB2とB6はその意味でも脂漏性皮膚炎に対処するベストコンビのビタミンといえるでしょう。

テーマ : ヘルス&ビューティ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。