スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎へのかゆみ

脂漏性皮膚炎は、脂漏性皮膚炎とも呼ばれて同じ皮膚病。

かゆみを訴える人は多いのですが、中にはかゆみを感じ無い場合もあり、症状として限定できるものでは有りません。

だけど、頭皮からひどくフケが出てものもの非いつも痒くて、と言う症状の訴えで受診してこの病名を言い渡される人が多いよう。

頭皮の皮脂が人により多様な要因から余分に分泌されるようになり、この皮脂を大好物とする常在菌のマラセチア真菌が増加して、皮膚に炎症をおこしてかゆみと言う症状になるわけ。

顔は、髪の毛の生え際やおでこ部分、小鼻横などの鼻周辺部分、眉と眉の間などが赤みをもってかさついたり、大きなフケのような鱗屑(りんせつ)と言う症状を呈しますが、顔のほうは頭皮に比べてかゆみは比較的少無いか、個人差がものもの非いつも有るよう。

頭皮や顔の他に、わきの下や陰部などの、やはり皮脂腺が発達している部分には赤みやかさかさなどの脂漏性皮膚炎が出て、かゆみ症状も出る場合も有ります。

食生活・ストレス・ホルモンバランスの崩れ・過労・睡眠不足などなどの多様な要因から余分な皮脂が分泌される事が、そもそもの原因となってひきおこされるのが脂漏性皮膚炎。

脂漏性皮膚炎の治療は皮脂の余分分泌から増加した真菌に対しての抗真菌薬や、炎症を抑える事でかゆみを鎮めるためのステロイド外用剤や、かゆみ止めに内服の抗ヒスタミン剤などが出される事が多いよう。

だけど薬だけでなく、かゆみを悪化させる糖分や刺激物を控える事などの自分の食生活にも気を配る事でも、脂漏性皮膚炎のかゆみと言う症状をに対処可能と成ります。

テーマ : 健康・元気を究めてハッピーに!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 かゆみ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。