スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎とフケの関連性

脂漏性皮膚炎に気づくきっかけがフケだったと言うケースが非いつも多い。

フケには、乾性フケと脂性フケの二種類のフケが有ります。

さらさらと落ちてくるフケであれば乾性フケで有る可能性が高く、シャンプー剤を変えたり、正しいシャンプーの仕方を実践していけば改善されるはず。

問題は、頭皮や髪の毛などにくっついている脂性のフケ。

この時点で皮膚科の受診をする事をお勧めします。

脂漏性皮膚炎かもしれないですね。

脂漏性皮膚炎のフケなのかそうで無いのか確認して、次はそのフケに対処するためのシャンプーについてかんがえます。

抗真菌シャンプーなども有りますので、受診の際に医師に相談するなどしてみましょう。

前頭部や頭頂の部分はとくに皮脂の分泌が多いので重点的に洗います。

頭皮の余分な皮脂やその他のよごれを流し去るのが目的ですが、頭皮を爪で傷つけるとプラスしていざこざが増えますの注意してくださいませ

其れからなによってすすぎの時間をじゅうぶんにとる事がだいじ。

脂漏性皮膚炎のフケならば、食生活のみなおしや生活スタイルの改善も必要となってきます。

フケくらいだから少し我慢してとか、もうすこし様子をみて、などして時期を遅らすのはいけません。

脂漏性皮膚炎の場合は脱毛に進む事が有りますので、早めに受診すべき。

フケが多い以外に、小鼻など鼻周辺が赤くかさかさしていたり、耳の中や後ろが赤かったり、髪の生え際の皮膚がかさかさ有るいは脂っぽいなど気になる、などの症状も有ります。

いずれにせよ、脂っぽいフケ症の人は皮膚科の受診をお勧めします。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 フケ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。