スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎の治療方法

此処では脂漏性皮膚炎と診断されました後の治療のしかたのごく平均的な流れについての説明。

医療機関・医師によってこの限りで無い事はご了承くださいませ

乳児脂漏性皮膚炎の場合、肌を清潔にしておく事で数週間で自然に治る事も有りますが、いわゆる乳児湿疹の場合、症状から病名や治療のしかたを特定していく事は簡単では無いよう。

皮膚科の受診をしておくほうが安心可能でしょう。

かさぶたがどうしても取れず、赤く腫れたり、いやなニオイがしてきたなどの場合は診察をうける必要が有ります。

外用薬としては、真菌の活動を抑制する外用抗真菌剤や、炎症を抑えるための外用ステロイド剤、または、亜鉛華単軟膏などが処方するそう。

消炎効果だけでなく、かゆみを抑えたり皮膚の再生を助けるなどの効果が有ります。

内服剤が出される場合も有ります。

かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤や、ビタミン不足を補うためのビタミン製剤などの投与がするそう。

成人型の脂漏性皮膚炎の場合はフケ症を訴えて受診されるかたが多いそうですが、治療のしかたとしてはやはり外用の塗り薬が出されぐあいによっては内服剤を併用します。

炎症が有る場合は、外用ステロイド剤や抗真菌剤をぐあいや患部によって使い分けるような指示が有るでしょう。

内服薬はかゆみを抑えるためのもの、炎症を鎮めてかゆみを抑えるためのもの、ビタミン不足を補うものなどが出される事が多い。

成人の脂漏性皮膚炎の場合、本人の生活習慣やストレスがこの病気に関係している事を無視出来ません。

処方されましたお薬を塗ったり飲んだりする以外に、清潔を心がけ、規則的生活・ストレス解消・食生活のみなおしなども、脂漏性皮膚炎の有益な治療と成ります。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 治療

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。