スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎にはアロマテラピーで対策

脂漏性皮膚炎の病院での治療と伴に、自分でも体質改善とかストレス対策などの意味でアロマテラピーに其れをもとめる人もいます。

乳児脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の場合、時期がくればこの皮膚疾患は完治するものですが、其れでもその間のあかちゃんの外見が湿疹のために損なわれたりするのは辛いもの。

アロマテラピーの香りであかちゃんも其れからお母さんも癒される時間を過ごしてみてはどうでしょうか。

1歳未満の乳幼児には精油を用いません。

だけど精油を抽出するときの副産物の「ハーブウォーター」は精油のききめも少しですが有りますので、こちらを使います。

例えば、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)のあかちゃんの眉毛の黄色いべたつきやほほなどがかさかさしたよごれなどを取ってあげる時などには、コットンにこのハーブウォーターをシミこませて優しく拭いてあげられます。

種類は個々種と有りますが、ラベンダー・ローズなどのハーブウォーターが購入しやすいのと、注意事項が少無いため使いやすいでしょう。

どちらにも殺菌作用・リラックス作用が有ります。

思春期以降の脂漏性皮膚炎の場合なら、ハーブウォーターをヘアトニックにするとか、ホホバオイルなどのキャリアオイルに精油を混ぜてマッサージオイルを作って頭皮マッサージをするのも、頭皮の殺菌や皮脂分泌を抑える作用が有るのでよいでしょう。

其れからこの病気に関係したストレスを香りで癒すと言うのも大きな意味が有ります。

脂漏性皮膚炎の皮脂分泌はストレスでも増減しますので、アロマポットなどで芳香浴を楽しむのも有益。

なお、精油を活用する場合には注意が必要。

関連の本などをよく読み、自己責任で行ってくださいませ

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 アロマテラピー 対策

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。