スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児脂漏性皮膚炎の説明

生後1~2ヶ月の頃にこの皮膚病を発症した場合、「乳児」を先頭に付けて乳児脂漏性皮膚炎として区別している。

乳児のこの皮膚疾患は、主に頭部や顔面にできる炎症性の湿疹。

其れがかさぶたのようになり、はがれてフケ状となってぼろぼろと落ちたりします。

乳児の場合は大概首から上にかけて症状がでます。

プラスして、乳児脂漏性皮膚炎とアトピー性皮膚炎、この見分けがつきにくい場合が有ります。

特長的な点は、生後すぐに発症する点と、頭やおでこに皮脂の漏れでかさぶた状のものができたり、頬が赤くなるなどします。

生後1~2ヶ月で発症するのは、胎児としてお母さんの腹にいる間に、女性ホルモンの影響をうけて、しばらくは非いつも皮脂が分泌されやすいわけ。

余分に分泌されました皮脂が皮膚を刺激して湿疹となってしまうと言うのが脂漏性皮膚炎。

ですので乳児脂漏性皮膚炎は、母親のホルモンの影響が消える頃には治癒の方向にむかいます。

かさかさ程度の湿疹であれば、低刺激性の石鹸で洗ってあげる程度で良くなる場合も有ります。

だけど、かさぶたが取れたあとの患部がジュクジュクとしてしているような場合、そこからの二次感染で菌が入ってしまう事も有りますので、病院での治療が必要と成ります。

乳児脂漏性皮膚炎のあかちゃんを洗う時には、頑固なかさぶたはあかちゃんオイルやオリーブ油などでふやかしてから洗うとふやけて取れやすく成ります。

かさかさ湿疹にしろ、ジュクジュク湿疹にしろ、どちらもやさしく洗ってあげる事と、シャンプーや石鹸などをしっかりとすすぎきる事がだいじ。

あかちゃん用の低刺激性のシャンプーがよいでしょう。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 乳児脂漏性皮膚炎 健康 病気 皮膚炎

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。