スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎を漢方で治療

脂漏性皮膚炎を漢方ではどう捉えて、どういった治療のしかたが有るのでしょうか。

漢方ではこの湿疹のぐあいを皮膚が内に熱をこもらせている、と言う具合にかんがえます。

其れから、この熱を外に放出する事ができるようなすべを試みます。

ふつう私達は汗をかく事によって熱を発散させています。

漢方では、大小便などの排泄も熱を外に出す、と言うかんがえかた。

女性の生理もまたどうよう。

このような具合にして熱の取り出しがスムースにいっている場合はいいのですが、そうでなくなると体内に熱がこもり皮膚に負担がかかって、かゆみや赤みが増してしまうと言うぐあいに成ります。

脂漏性皮膚炎などを患った場合、症状の現れている皮膚ばかりに目がいきがちですが、漢方はいざこざを起こしたおおもとを捜し、そこに適応した漢方薬を飲む事で、脂漏性皮膚炎に適応していこうと言う姿勢。

どうように、漢方では脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の症状だけでなく身体全体の自己回復力を高めるなどの観点からかんがえようとします。

炎症性全般や、脂漏性皮膚炎の治療によく選択される漢方薬に「黄連解毒湯」(オウレンゲドクトウ)が有ります。

この漢方薬は胃炎などにも処方されますが、熱っぽい顔とか、二キビ、不眠などにも効果的。

赤みをもち、かたく熱を持って腫れていたり、かさぶたもみられ、かゆみも伴っているようなぐあいには「葛根湯」が選ばれる事が有ります。

プラスして、かゆみは強いけれど、皮脂分泌やかさぶたが其れほどひどく無いときなどは、皮膚病の漢方薬としてしられている「十味敗毒湯」(ジュウミハイドクトウ)も用いられます。

湿疹や皮脂分泌の抑制に効く漢方薬は他にも個々種と有ります。

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 漢方 治療

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。