スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎にはお茶で対策

脂漏性皮膚炎は乳児期に罹れば時期を過ぎると完治にむかいますが 思春期以降に罹った場合、慢性化しやすく完治までは根気のいる皮膚疾患といえます。

ですから、脂漏性皮膚炎に罹っている人は病院の医療以外になんらかの改善策を捜す事が多いよう。

例えば、お茶などもその一つでしょう。

脂漏性皮膚炎の場合、皮脂分泌が余分で有る事が原因と成りますが、この皮脂を抑えるききめの有るお茶が有ります。

脂っこい食事の後に飲むのがよいとされています「ウーロン茶」や「プーアル茶」は有名ですね。

またスギナ茶も中性脂肪として余分な糖質や脂肪が体内に蓄積される前に其れを分解してくれるお茶。

ハーブティとして紹介されています場合の名前は「ホーステール・ティ」。

プラスして、「クミスクチン茶」といって沖縄産で昔からお茶として飲まれてきた茎葉の薬草茶も有ります。

この葉に多くふくまれているポリフェノールの一種は、糖や脂肪の消化や吸入を抑制して脂っぽい肌を変えていく力が有ります。

脂漏性皮膚炎の人たちに飲まれている事が多いよう。

このクミスクチン茶はTVの健康番組で紹介されてからオーダーが集中して、当時購入は大変だったよう。

購入した人の多くがべたつく肌や脂っぽい頭皮が改善した事をウェblogなどに書き、其れがまた口コミとなってしられたと言うお茶。

当然、これらのお茶によって効果があった、有りませんでしたは個々種でしょうが、脂漏性皮膚炎で悩んでいる方には、体質改善を期待して日いつも飲むお茶にも目をむけるのもいい事では無いでしょうか。

テーマ : 健康・元気を究めてハッピーに!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 お茶 対策

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。