スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎と育毛剤の関連性

脂漏性皮膚炎によって細く弱そうな毛・抜け毛に悩む人が育毛剤に助けをもとめるぐあいは理解できるところですが、結論からいって脂漏性皮膚炎を治してからでなければ、育毛剤は使わ無いほうがよいでしょう。

と言うのは、健康では無いぐあいの頭皮に育毛剤を使っても、育毛剤のアルコール成分が頭皮を逆に荒らしてしまいます。

プラスして、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)で有ると言う事は頭皮に炎症が起こっているぐあい。

頭皮に炎症が起こっていると言う事は、その患部に血が集まって痒くなりがちなぐあいに有ると言う事。

そのかゆみのためにも、血液を患部に集中し無いようにするステロイド剤=つまり炎症を抑えてかゆみを抑えるためのステロイド剤が処方されています患者さんが多いわけ。

育毛剤には、成分を効果的に頭皮に吸入させていくためにも血管拡張作用が有る成分が配合されています場合が大概。

血液が患部に集中し無いようにはたらくステロイド剤と、血管拡張をする育毛剤とでは、はたらきが相反しているわけですから、お互いのはたらきを相殺しあってどちらの効果も出無い可能性が有ります。

ステロイド剤の長期活用は免疫力下落などの心配も有るそうですが、医師があえてステロイド剤を処方するのは、脂漏性皮膚炎を長引かせずにできるだけ早い完治をめざすと言う治療のかんがえ方、完治が最優先と言うかんがえ方の筈。

その意味からも、まずは脂漏性皮膚炎を治して頭皮を健康にしてから、育毛剤で発毛や育毛を目ざすと言う姿勢がじつは近道。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 育毛剤

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。