スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズと脂漏性皮膚炎

この病気に罹る要因の一つに免疫力の下落があげられ、乳幼児・高齢者が比較的多く発症するわけでも有ります。

其れからエイズの初期症状として脂漏性皮膚炎が発症するのも、要因は免疫力の下落。

ストレスや睡眠不足、食生活の偏り、免疫力の下落などが要因となって、皮脂の余分分泌になり其れが人の皮膚に常在している好脂性のマラセチア真菌を増殖させます。

マラセチア真菌は皮脂を分解して遊離脂肪酸をつくり、其れが皮膚を刺激してひきおこされるのが脂漏性皮膚炎。

つまりこの疾患は、生活習慣やストレス、皮脂の余分分泌、マラセチア真菌などが其れぞれ原因となって連鎖しているともいえます。

健康相談をうけ付けるサイトで、有る人がこういう質問をしていました。

「知人が、こ近頃あたまにひどくフケが出るように成りますので受診してみると、脂漏性皮膚炎だと診断されましたがエイズの初期症状にその湿疹が出ると聞いた事があり、ものもの非いつも心配だ。知人はエイズなのでは無いか?」と、ざっとこのようなコンテンツだった。

HIVに感染すると免疫力が下落するため、多様な病気に罹りやすく成ります。

風邪もひきやすく成ります。

だけど、風邪をひいているからHIVに感染していると言うわけでは有りません。

どうように、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)だからといってHIVに感染していると言うものでも無いの。

たしかにエイズについて調べると、初期症状として全身倦怠感、下痢、体重の減少、発熱などと伴に脂漏性皮膚炎が有ります。

8割強のエイズ患者がこの湿疹を発症していると言われているのも実際。

心配な場合はやはりHIV検査をする事をお勧めします。

※エイズは病名で、HIVは感染するウィルス名。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 エイズ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。