スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児脂漏性皮膚炎の方のシャンプーでの注意点

乳児脂漏性皮膚炎は、乳児が胎児のときにお母さんの腹の中で女性ホルモンの影響をうけて皮脂の分泌が多くなるために発症する炎症性の湿疹。

低刺激性のシャンプーなどを使って清潔を心がけていれば、乳児脂漏性皮膚炎は其れほど心配する疾患では有りません。

皮脂が固まってかさぶたを創る場合が多いので、気づきにくい頭皮などをよく見てみましょう。

乳児脂漏性皮膚炎のあかちゃんのシャンプーをするとき、頭頂部の大泉門のあたりをこわがってさらっとしか洗わ無いお母さんもいて、あらためて見てみると脂漏性皮膚炎のかさぶたが頑固に固まっていたなどと言う事も有ります。

大泉門はシャンプー程度でどうなるものでも有りませんので、大概にシャンプーしてあげましょう。

だけど、シャンプーを大概にした程度では取れ無いのがかさぶた。

そのような場合は、シャンプー前にあかちゃんオイルやオリーブ油、ワセリン、スクワラン油などを、かさぶたの有る頭皮にたっぷりめに塗ります。

20~30分ほど後にガーゼや綿棒などでやさしく取ります。

脂漏性皮膚炎のかさぶたは結構がんこですので、1回では取れ無いかもしれないですね。

いつも少しずつでもいいので、やさしく少しずつ取っていきましょう。

いずれにしろシャンプーのすすぎにはじゅうぶん時間をかけて、すすぎのこしの無いように気をつけます。

かさぶたがどうしても取れ無い、かさぶたが取れたあとがジクジクしている、脂漏性皮膚炎の症状がよくわから無い、かゆみが有るなどのときは受診してください。

比較的多くのあかちゃんがかかる皮膚疾患。

いつものケアをきちんとして治るのを待ちましょう。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 シャンプー

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。