スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児脂漏性皮膚炎の方のお風呂での注意点

女性が美肌をたとえて口にする「あかちゃんのような肌」と言う言い方が有りますが、実際の乳児の肌は結構いざこざの多い肌かもしれないですね。

かさかさ・ブツブツ・じくじくしたぐあいが頭皮や髪の生え際、頬、などにあったり、眉毛や頭皮にはかさぶたが出来ていたりするのが乳児脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)。

つまりは乳児期にお肌がすべすべで無いからといってそう悲観する事も無いといえます。

そのくらいのぐあいで、お母さんはあかちゃんのスキンケアをしてあげる事をお勧めします。

お風呂に入れてあげるときは、お湯の温度は38~39度前後のぬるめ。

熱いお湯だと、乳児脂漏性皮膚炎のあかちゃんの場合、その熱さが刺激となりかゆみが増しては可哀想。

洗うときは、低刺激性のあかちゃん用ボディシャンプーなどを手の平でよく泡たててから、其れをあかちゃんの身体の上に置いて、ぬるま湯でやさしく撫でるようにして洗います。

脂漏性皮膚炎を早く治したいからとごしごしとこすってはいけません。

ガーゼとかお母さんの手の平をつかって、やさしく撫でて洗います。

あかちゃんの身体はくびれている部分が多いのが特長。

首とか、手首・ワキ・足首・股の部分など、やさしく洗ってあげましょう。

このようなくびれた部分に水分をのこさ無いようにする事もだいじ。

やはり刺激となって脂漏性皮膚炎を悪化させてしまいます。

水分は拭くと言うよりは、軽くおさえるようにします。

入浴後にクリームをつけるとかローションで保湿、などについてはそのあかちゃんの湿疹のぐあいにより変わります。

乳児脂漏性皮膚炎はあかちゃんによって症状の差が有るので、医師に診て貰うのがよいでしょう。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 健康 病気 皮膚炎

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。