スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脂漏性皮膚炎の説明

脂漏性皮膚炎はヒトだけが罹るものでは有りません。

犬もこの皮膚疾患に苦しむ事が多く、飼っている人は以下の症状におもい当たると言う事も有るでしょう。

症状は、シャンプーをしてもすぐに毛がべたっとして、体臭がひどくなり、毛をかきわけて皮膚を見ると赤く成ります。

かゆみがひどくなると、かきすぎて血を出したり、毛がごっそりと抜け落ちたり、かゆみで眠りづらく成りますりします。

獣医さんに診せると、脂漏性皮膚炎の症状の部分の毛を抜いて(症状が出ている場合、ぼそっと簡単に抜けます。)細菌の培養検査をする事が多い。

マラセチア真菌を見つけたら抗真菌薬を、細菌なら抗生物質を、何かのアレルゲンに反応しての場合は、そのアレルゲンを減らしたり失くしたりするなどの対処をします。

例えばダニがアレルゲンなら犬のまわりのダニが住み着きやすそうなものを取り除いたり洗ったり、アレルゲンはフードかも、と言う場合には、ペットフードを他のものに替えてようすをみる、など。

だけど、皮膚に実際出ている脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の症状の緩和もふくめて、まず一番にする事はシャンプーをきちんとしてあげると言う事でしょう。

医師からの指示が有るかもしれませんが、殺菌効果の強いシャンプーを使ってしっかりと洗い上げ、皮脂を取り去ったあとの表皮の保湿もだいじですのでリンスもします。

犬の脂漏性皮膚炎は、人の場合と大概変わらず、原因にもストレスが関わってきています。

飼う側の都合で散歩を怠るとか、気まぐれに多様な食事やお菓子を与えすぎて栄養余分が原因で脂漏性皮膚炎に罹る事にもなるので規則的な生活・食生活をこころがけてあげましょう。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。