スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎とマラセチア菌の関連性

脂漏性皮膚炎とは読んで字の如く、自分の身体から脂分が漏れ出て其れが皮膚を刺激して湿疹となる皮膚病。

では何故に皮脂が漏れ出るほどに出てしまうのかと言う余分皮脂分泌の原因は、人によりいろいろ、つまり多すぎて特定出来無いと言うのが「脂漏性皮膚炎の原因ははっきりとは解ら無い」と言う状況をつくっています。

また戻って、余分分泌されました皮脂は皮膚を刺激して湿疹となると言うプロセスに、こ近頃は真菌(カビ)の一種で有るマラセチア真菌が関わっていると言う説が有力となり、治療も外用抗真菌薬を塗布する事で症状の回復をみる事が可能と成ります。

マラセチア真菌は、脂漏性皮膚炎の病変部を調べると見つかる事が多く、皮脂腺の出口や毛穴付近を住処としているよう。

このようにきくと、マラセチア真菌とは強力で怖ろしい菌とおもうかもしれませんが、だれの皮膚にもいる皮膚常在菌の一種なの。

常在菌は其れこそ怖ろしい病原菌の侵入を阻止するなど、菌数のバランスさえ崩れなければ有用な細菌としてヒトと共生関係に有るわけですが、過労や過食、睡眠不足、ストレスなどが原因となって皮脂が余分分泌になると、脂好性のマラセチア真菌は増殖します。

その結果、脂漏性皮膚炎をひきおこしたり、フケが増えたりすると言うわけ。

つまり、マラセチア真菌を増殖させ無いようにするために皮脂の余分分泌を抑えるには、ストレス解消、疲れすぎ無い、睡眠時間の確保、食事コンテンツのみなおし、枕カバーなどのこまめな洗濯などで適応します。

脂漏性皮膚炎の予防・改善・再発防止に努めましょう。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

tag : 脂漏性皮膚炎 マラセチア菌

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。