スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂漏性皮膚炎と紫外線の関連性

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)に罹る要因のなかに「紫外線」が有ります。

どのようにして紫外線が影響していくかについて説明します。

皮脂は、皮膚を守るバリアーとしての役目を担っていますが、二方向への防御と成ります。

一つは皮膚内に保たれている水分を外に出して皮膚を乾燥させ無いため、一つは外の刺激から皮膚を守るため。

外の刺激とは、紫外線や表皮上に住んでいる菌の増殖など。

この2つは、脂漏性皮膚炎の原因とされています。

皮脂は私たちの身体に必要なものなのですが、何らかの要因、有るいは複合した要因によって皮脂が余分に分泌されだすと皮脂の中のスクワレンを紫外線が酸化して過酸化脂肪ができて、健康な肌の細胞膜を傷つけるなどしていざこざを起こします。

脂漏性皮膚炎もまたそのいざこざの一つ。

紫外線が、皮脂分泌の多い部分の額や顔、頭部にあたって、皮膚表面の脂肪が酸化して過酸化脂肪ができると言うわけ。

皮脂が正常な量で分泌されていれば、紫外線から皮膚を守り、紫外線の影響で脂漏性皮膚炎をひきおこすまでには至りませんが、ストレスや睡眠不足・糖分の取り込・アルコールの取り込・食事もふくめてマチマチな生活などの多様な事が要因となって、皮脂の余分分泌がおこります。

皮脂の余分分泌は、皮脂が大好物のマラセチア真菌と言う皮膚上の常在菌を増殖させてしまいます。

マラセチア真菌が皮脂を分解して出した脂肪酸が皮膚を刺激して脂漏性皮膚炎となってしまうわけですが、やはり紫外線もプラスして、余分な皮脂を分解する事で皮膚を刺激してこの湿疹をひきおこすと言う事に成ります。

つまりは、皮脂の余分分泌が問題と言う事に成ります。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 脂漏性皮膚炎 紫外線

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。